軟水と硬水の違い

ウォーターサーバー人気比較ランキング

経済的にお得、健康にも良いと、良い事づくめの大注目ウォーターサーバー!
中には機材自体のレンタル料も無料なものなど、安価に利用できるものも多数あります。
ここでは、初心者にお勧めのウォーターサーバーを厳選して紹介します。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーTOP > 軟水と硬水の違い

軟水と硬水の違い

水の種類において最も違いが分かりやすいものが「硬水」と「軟水」となるのではないでしょうか。この名前も一度は聞いたことがあると言う方も多いことかと思われます。
日本で利用されているウォーターサーバーのほとんどが軟水となっており、通常の軟水に加えてカリウムや亜鉛などのような成分が付加されています。

水は含まれている「カルシウムイオン」と「マグネシウムイオン」の割合によって硬度が決まります。
この割合が高いほど硬度が高くなり、「硬水」とされ、割合が低いほど硬度は下がり「軟水」と言う扱いとなります。この硬度の基準は国によって違いがありますが、日本国内においては「軟水」の部類に入ります。

硬水はミネラル分が豊富な分、飲み口が鋭く感じられ、飲みづらい印象を与えがちで、軟水は飲み口が柔らかい分ミネラル分は少ないとされており、日本と言う国土の環境としては硬水は作られにくく、従来より軟水が好まれる傾向にあります。
逆にヨーロッパは大陸の地形的に硬水が多く、飲み口の鋭い飲料が好まれる傾向にあるようです。

日本のウォーターサーバーではほとんどの場合で軟水が利用されていますが、軟水だからと言ってミネラル分が少なく、健康的促進の影響が小さいと言うわけではありません。
ウォーターサーバーで使われる水は日本人の口に合いやすく、「日々抵抗無く飲み続けることが出来る」事が主軸となっており、飲みやすく、日々定期的に飲むことが出来るよう工夫されています。
水は一度に摂取しても効果は無く、1日かけて必要な量を摂取することが望ましいとされているため、軟水で無理なく毎日飲み続けることが出来るほうが最終的に好影響を与えてくれるのは間違いありません。

ページ先頭へ戻る

Copyright©   ウォーターサーバーの口コミランキング All Rights Reserved.